成人式で流行りのメイクをご紹介!
成人式の前撮りを絶対失敗したくない人必見!東京の写真スタジオ徹底比較
  1. 成人式前撮りのメイク

成人式の前撮りメイクってどうしたらいいの?

成人式の前撮りはすっぴんでいくべき?

成人式の前撮りはすっぴんでいくべき?

成人式の前撮り撮影のメイクは、普段のメイクとは違い、和服に合わせた、そして写真映えなども考慮したメイクにしなければならないため、基本的にベースメイクから全てプロのアーティストであるスタジオのスタッフさんにお任せするのがいちばんです。

プロのメイクアップアーティストであれば、シャドーやハイライトなど衣装の色味に合わせてカラーをチョイスしてくれたりと、顔周りだけでなくトータルでバランスのとれた仕上がりにすることができます。

また、写真スタジオで働くメイクスタッフは、ライトでどんな風に色が飛んでしまうのか、どの部分を濃い目にするかなど、「写真に写った時に一番きれいに見えるメイク」を知り尽くしています。当日はぜひすっぴんでメイクルームに入り、ゼロからプロにお任せしましょう。

ただし、「家からスタジオまですっぴんで移動するのは恥ずかしい!」と感じる人も少なくないはず。そういう場合は手軽にメイクオフできる拭き取りタイプのクレンジングシートなどを持参するのがおすすめです。中にはメイク落としが常備されている写真スタジオもありますので、事前に確認してみても良いかも知れません。

成人式の前撮りでアイプチはできるの?

成人式の前撮りでアイプチはできるの?

成人式の前撮り撮影のメイクでもアイプチを使うことができます。ただし、「アイプチをしたい」という旨は必ず事前にメイク担当者に伝えておきましょう。スタジオによって、ヘアメイクさんがアイプチまでやってくれるのか、アイプチをした状態からメイクスタートとなるのか、メイクを終えてから自己責任でアイプチをするのか、対応は様々です。

もちろん、アイプチや付けまつげは好みの幅や位置がありますから、「やってもらうよりも自分でやりたい」という人も多いでしょう。そういった場合には言えばやらせてもらえますので、これも事前に伝えるようにしましょう。

また、写真スタジオによってはアイプチ糊やアイテープの取り扱いがないこともあります。自分でする場合にも、してもらう場合にも、どちらにしても持参しておくと安心です。

普段から盛りメイクの子は自分でするのもおすすめ

普段から盛りメイクの子は自分でするのもおすすめ

ヘアメイクさんに一度メイクをお願いしてみると、すごい!プロの技!と感心するところはもちろん山のようにありますが、それでもやはり出会って間もないメイクさんよりも、その顔と長年つき合ってきた自分のほうがわかっているポイントもたくさんあります。思い通りの、あるいは期待を超えるような仕上がりになるかどうかは、メイクさんと事前にどのくらいコミュニケーションを取れるか、どのくらい相性がいいかといったことも関わってきます。また、せっかくやってもらってるのに「何か思ってたのと違う・・・」とは言い出しにくく、不本意な姿を残すという最悪のケースもなきにしもあらずです。

普段から盛りめのメイクをしていて、自分の顔を知り尽くしていて、しかもイメージがバッチリあるという人は、メイクさんに頼まず自分でお化粧することを選択してもいいかもしれません。ベースは自分でやって、スタジオでメイクさんに希望を話してさらに仕上げてもらうというのもいいでしょう。いずれにしても、せっかくの一生に一度の思い出を、でもしか写真にしないようにしてください!

ページのトップへ