成人式に失敗しない振袖の選び方を紹介!
成人式の前撮りを絶対失敗したくない人必見!都内の写真スタジオ徹底比較
  1. 成人式の振袖の選び方!マナーやNGってあるの?

成人式のマナーを抑えて振袖を選ぶには?

成人式に振袖を着ることが大切にされているワケ

成人式に振袖を着ることが大切にされているワケ
出典:続 江戸時代の女性衣装

振袖という袖の長い着物を女性が着るようになったのは、古く遡って江戸時代と言われています。最初は舞踊を披露する際により美しく見えるように、ということで袖が長くなったという説が有力のようです。

「袖を振る」という行為は愛情を示し、「袖にすがる」のは哀れみを請うサインとして一般に広がったことから、次第に振袖を着ることは愛情表現の1つの形となり、未婚女性の着物として定着していったそうです。また「袖を振る」ことは厄を払うという意味も併せ持っていたため、結婚式や成人式といった人生の門出の際に着るものになったんですね。つまり振袖には縁を呼び寄せ、厄を払って身を清めるという象徴的なものだったと言えます。

現代の成人たちにとっては特別なオシャレができる日として成人式がもてはやされる傾向にありますが、振袖の歴史を知ると、成人の日の思い出として振袖を着るのはとても意義深いことのように思えてきます!

基本的な振袖スタイル

基本的な振袖スタイル

①重ね衿・・・伊達衿とも言います。着物を重ね着しているように見せるもので、着物と半襟の間に挟んで使います。着物の色との合わせ方によって華やかにも落ち着いたトーンにもできます。

②半衿・・・着物の下に着る長襦袢の衿に縫い付けるもので、肌に直接触れる部分になるため、半衿だけを外して洗濯することも可能。刺繍や色柄物もありますが、成人式などの礼装には白無地を使うのが基本です。

③長襦袢・・・着物の下に着る肌着のようなものですが、さらにその下に肌襦袢を着ることもあり、長襦袢は着物の下から見せるものなので着物に合わせて色や大きさを選びます。

④帯・・・振袖には「袋帯」と呼ばれる幅広(約30cm)で一番長いタイプ(約430〜450cm)の帯を合わせます。結び方にも「ふくら雀」「文庫結び」「立て矢結び」など、振袖ならではの華やかな結び方がいろいろあります。

⑤帯締め・・・帯の上から使用し、上下の中心で結んで引き締める役割のものですが、絹糸や綿糸を組んだ組紐や、綿を布でくるんだ丸ぐけなどがあります。色や模様によってワンポイントになります。

⑥帯揚げ・・・帯結びの際に使用する紐を隠すものですが、脇から胸までに華やかなポイントを添える役割も担っています。礼装では白や淡い色を用いるのが通常ですが、振袖の場合は「華やかさ」をアップさせるために色とりどりの帯揚げが使われます。

⑦草履・・・成人式や結婚式では、高さは3.6cm、かかとが3段になっている礼装用のものが定番です。色や柄は振袖に合わせて選びます。また、礼装用では通常使われませんが、成人式の振袖着用に限り、厚底(高さ5cm以上)を選んでも良しとされています。

⑧バッグ・・・バッグは草履の色柄と合わせて選びます。

⑨ショール・・・成人式は寒い季節に行われるのでショールは必須。白のファーが定番ですが、羽毛や色物も人気が高く、振袖の色に合わせて色々選べます。

着付けに必要な和装小物

着付けに必要な和装小物
出典:Amazon

振袖を着用する上での基本アイテムは上記に紹介した通りですが、その他にも腰紐・衿芯・前板/後板・帯枕・伊達締め・和装ベルト・着付けベルト・三連紐・きものスリップなど、見えないところに使われている必須アイテムはたくさんあります。あの形をキープするために内側では細かい配慮がたくさん行われているんですね。

また、巨乳の人はさらしを巻いたり、痩せ型の人はタオルを巻いて寸胴気味にしたりなど、着る人の体型によって着物に合わせるための工夫も必要です。そして出来上がりを見るとなんだか暑そう・・・に見えるんですが、着物って襟元が開いていたり下半身がスカスカだったりして結構寒いんです。成人式は1月の寒い時期に行われ、雪が降っていることも多々ありますので、保湿性の高いハーフパンツを履いたり、ストッキングの上から足袋を履いたりして、寒さ対策をしっかり行いましょう。上半身は残念ながら襟元から見えてしまうのでヒートテックなどは着られません。防寒着の選び方にも着物特有の気配りをしながらうまく着こなしたいですね!

PAGE TOP