成人式ではどんなメイクが人気なの?
成人式の前撮りを絶対失敗したくない人必見!都内の写真スタジオ徹底比較
  1. 成人式の化粧は濃いのが人気?プロのメイクで前撮り写真がウキウキに!

成人式のメイクって濃い方がいいの?

ラメ・パールなどポップ系ビビッドメイクが流行ってる!

ラメ・パールなどポップ系ビビッドメイクが流行ってる!
出典:クリエイティブスタジオ・エイム

成人式当日や前撮りの日には、髪型だけじゃなくもちろんメイクもどんな風にすればいいのか気になるところですよね。最近は目尻にラメやパールなんかのビビッドカラーが入ってて口紅は真っ赤!といったような、ぺこちゃんメイクが流行りな感じもしますが、これは振袖にも合いそうです。ヘアスタイルをポップにするならメイクもそれに合わせた感じにするといいですね。

成人式の前撮りをやってくれるフォトスタジオでは、プランによってプロのヘアメイクさんが全部やってくれるところもたくさんあります。プロにメイクしてもらうチャンスなんてなかなかないので、これは活用しない手はありません。また、数々の成人式前撮りメイクをこなしてきたプロのヘアメイクアーティストの方々なので、選んだ振袖に合うスタイルをバッチリ決めてくれると思いますが、メイクにも色々方向性がありますので、せっかくのチャンスを最大限に活用するためにも、どんな風に仕上げたいかを考えておくといいと思います。

ラインストーンシールなどでフェスっぽくしたい子は要注意

ただし、ヘアメイクアーティストの方にお願いするということは、希望は伝えられるとしても、ある一定のところから先はお任せすることになります。できるメイクもある一定の範囲内であることを覚えておいてください。例えばラインストーンシールなんかを使ったフェスメイクをしたい!と思っている人や、これを機にアートメイクに挑戦したい!と思っている人は、それぞれ専門のサロンやクリニックでお願いしましょう。フォトスタジオでやってもらえるのは、あくまで化粧品を使ったメイクまで、と思っておけばいいと思います。

また、やはり振袖を着るなら伝統的な雰囲気を保ちたい、という人もいますよね。お母さんやおばあちゃんが着ていた着物を仕立て直して着るような場合は、やはり古典柄に合うヘアメイクがいい場合もあると思います。ここでもあえてポップなメイクを合わせることでミスマッチを楽しみたい!というケースにも対応してくれるフォトスタジオもありますが、それも当日になって予定変更しなくて済むように、事前に相談しておきましょう。

普段から盛りメイクの子は自分でするのもおすすめ

普段から盛りメイクの子は自分でするのもおすすめ

ヘアメイクさんに一度メイクをお願いしてみると、すごい!プロの技!と感心するところはもちろん山のようにありますが、それでもやはり出会って間もないメイクさんよりも、その顔と長年つき合ってきた自分のほうがわかっているポイントもたくさんあります。思い通りの、あるいは期待を超えるような仕上がりになるかどうかは、メイクさんと事前にどのくらいコミュニケーションを取れるか、どのくらい相性がいいかといったことも関わってきます。また、せっかくやってもらってるのに「何か思ってたのと違う・・・」とは言い出しにくく、不本意な姿を残すという最悪のケースもなきにしもあらずです。

普段から盛りめのメイクをしていて、自分の顔を知り尽くしていて、しかもイメージがバッチリあるという人は、メイクさんに頼まず自分でお化粧することを選択してもいいかもしれません。ベースは自分でやって、スタジオでメイクさんに希望を話してさらに仕上げてもらうというのもいいでしょう。いずれにしても、せっかくの一生に一度の思い出を、でもしか写真にしないようにしてください!

PAGE TOP